麗人〜歴史と水の蔵〜オンラインショップ

麗人〜歴史と水の蔵〜オンラインショップ


・歴史と水の蔵  ・古酒の蔵  ・諏訪浪漫麦酒(ビール)  ・蔵元のご案内

熟成古酒の蔵

 
文化の香りあふれるロマンの酒 古酒

 世界の文化の発達した所には、必ず素晴らしい古酒が存在します。
 フランスのワイン、コニャックしかり、スペインのシェリーしかり、ポルトガルのポートワイン、イギリスのスコッチ、中国の招興酒…。それぞれがその国の文化の香りあふれる素晴らしい古酒です。
 
江戸期までは古酒ほど貴重だった

 江戸時代の食に関する辞典「本朝食鑑」(1695)は、古酒の造り方に触れた上でこう書いています。
 
 その三、四、五年を経た酒は味が濃く、香りが美しくてもっとも佳なり。六、七年から十年にもなるものは、味は薄く、気は厚め、色は深濃で、異香があって尚佳なり。
 また、江戸時代の川柳集「誹風柳多留拾遺」(1797)には
 三年酒 下戸の苦しむ口当たり
といった川柳も見えます。下戸でも、古酒の口当たりのよさについ飲み過ぎてしまう…それほど古酒は旨いというわけです。

 さらに溯れば、鎌倉時代の日蓮上人の手紙には
 人の血を絞るがごとき古酒
と表現しております。

 また、酒の達人・作家の開高健は、この古酒を、こう絶賛しています。
 日本のオールド(古酒)は、ホント、いいぞ。日本民族であることに、誇りを覚えたくなる程だ。
 江戸時代までは、実際、長く寝かせた酒ほど貴重とされ、熟成年数に応じて値段も高く取引されていました。
 
なぜ古酒が姿を消したのか

麗人の古酒貯蔵蔵その古酒が、明治期に入り、忽然と姿を消した理由としては、酒税の影響が最も大きなものです。とりわけ明治政府が課した「造石税」は、お酒を搾った段階で課税されるもので、その税収で日清、日露の戦費を賜ったといわれるほど過酷なものでした。酒造家は酒を造るだけで課税され、酒を熟成して美味しくして販売する余裕がありませんでした。

また、税もかなり高額でしたので、当時の酒飲みの多くは「ひたすら酔う」のが目的で、味よりも量が主眼、割高につく長期熟成古酒は自然と消えていってしまいました。日清、日露の戦争が日本酒から「酒の文化」を奪ったといってもよいでしょう。
 
熟成古酒は体に優しい酒
 
 古酒は飲み方も多様で、「冷や」でもよし、「燗」をつけて飲んでも美味しい。しかも、古酒は身体にも優しい。新酒に比べ、熟成を経た酒はアルコールと水の分子が完全に融合して一体化する。そのため内臓の粘膜への刺激も少なく、かつ体内に吸収されてからの分解速度も速い。多少飲み過ぎても、宿酔しにくいという。<以上小学館 古酒入門より>

 熟成古酒は、飲んだ後の「酔い覚めの良さ」が特徴です。江戸時代の「訓蒙要言故事」には、
「新酒は、頭ばかり酔う。熟成酒は、からだ全体が潤うように気持ち良く酔う」
と書かれています。熟成した酒の身体に対する優しさは、最近の医学会でも報告されています。
 また最近の研究で、古酒の方が体内に発生する「活性酸素」の量が少ない(東京農業大学 吉沢潔教授のお話より)といわれており、注目されております。

麗人の熟成古酒の歴史

 日本酒に文化を!麗人酒造が意識的に古酒の蓄積を始めたのは、昭和47年(1972年)でした。いつ発売できるか分からない。はたして美味しくなるのか? 試行錯誤の末、30年の年月が経過しました。ようやく30年物の大吟醸の長期熟成酒、シェリー酵母をつかって熟成した21年の純米古酒、30年ものの粕取焼酎を販売できるようになりました。


・歴史と水の蔵  ・古酒の蔵  ・諏訪浪漫麦酒(ビール)  ・蔵元のご案内
 
画像の説明文

商品検索

全商品から選ぶ

営業カレンダー

2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

 営業日   休業日

※正午12時までのご注文につきましては当日に出荷対応いたします。

※休業日中のご注文・お問い合わせにつきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。

コンテンツ