麗人〜歴史と水の蔵〜オンラインショップ

麗人〜歴史と水の蔵〜オンラインショップ

御柱記念 本醸造ミニ菰樽 300ml

御柱記念デザインミニ菰樽(こもだる)
  • 建御柱のイラストが入ったミニ菰樽
  • スッキリ辛口の本醸造酒
  • 数量限定品
製品紹介


分類本醸造酒
酒米長野県産米
精米歩合59%
アルコール度15度
日本酒度+3
酸度1.1
アミノ酸度1.2
容器・内容量瓶入り300ml
保存方法冷暗所
販売期間数量限定品
包装・箱化粧箱入
 『式年造営御柱大祭(御柱祭)』を記念したミニ菰樽。御柱祭のクライマックス、勇壮な『建御柱』の一場面をデザインしました。化粧箱入り、数量限定品です。
 中には辛口の本醸造酒を詰めました。豊かな味わいとすっきりとした喉ごしをお楽しみいただけます。

※内容器はガラス瓶です。後側に注ぎ口がございますのでキャップを開栓してお飲みください。『鏡開き』は出来ません。また樽詰酒とは異なり木の香りはつきません。

おすすめの飲み方


飲み時食前★ ★ ★ ★
食中★ ★ ★ ★ ★
食後★ ★ ★
相性和食★ ★ ★ ★ ★
中華★ ★ ★
洋食★ ★ ★
温度熱燗★ ★ ★
ぬる燗★ ★ ★ ★
常温★ ★ ★ ★
冷や★ ★ ★ ★ ★
ロック
 食前酒、食中酒としてお勧めいたします。熱燗から冷やまで、幅広い温度でお楽しみいただけます。

御柱祭とは

 令和4年、いよいよ七年に一度の大祭『御柱祭』が行われます。
 信州・諏訪大社では数えで七年目に一度の寅と申の年に宝殿を造営し、社殿の四隅にあるモミの大木を建て替える祭りを行います。この祭りを「式年造営御柱大祭」(しきねんぞうえいみはしらたいさい)、通称「御柱祭」(おんばしらさい)と呼び、諏訪地方の6市町村21万人の氏子がこぞって参加する天下の大祭です。
 諏訪大社は上社と下社に分かれ、諏訪市に上社本宮、茅野市に上社前宮があり、下諏訪町に下社春宮と下社秋宮があります。御祭神として建御名方神(たけみなかたのかみ)と八坂刀売神(やさかとめのかみ)を祀り、東国第一の軍神として坂上田村麻呂や源頼朝、武田信玄、徳川家康らの崇敬を集めました。現在では全国に1万社以上の分社があるといわれています。
 御柱祭がいつから行われているのか定かではありませんが、室町時代の『諏方大明神画詞』という記録に、平安初期の桓武天皇(781〜806)の時代に「寅・申の干支に当社造営あり」とあるのが最初の記録で、起源はさらに遡るともいわれています。
 祭りでは、長さ約17m、直径1m余り、重さ10トンを超える巨木を山から切り出し、各神社までの道中を曳いて、最後に社殿を囲むように四隅に建てます。柱を山から里へと曳き出す「山出し」が4月に、神社までの道中を曳き、御柱を各社殿四隅に建てる「里曳き」が5月に、上社・下社それぞれで行われます。諏訪の人々は氏子として全精力を注いで16本(4×4本)の柱を地区ごとに担当するのです。秋には諏訪地方の各地区にある神社(小宮)でも御柱祭が行われるため、一年を通して盛り上がります。

 ※令和4年度の御柱祭は新型コロナウイルス感染症拡大を受け、長野県の感染症予防ガイドラインおよび御柱祭実行委員会の定めたガイドラインのもとで実施されます。ご来訪の皆様には感染防止策等にご協力をお願いいたします。

蔵元のご案内

商品検索

季節のおすすめ 父の日ギフト 麗人×諏訪姫   

全商品から選ぶ

営業カレンダー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※4月29日、5月3日〜5日
はGW休業に伴い、出荷業務を
お休みさせていただきます。

 営業日   休業日

※正午12時までのご注文につきましては当日に出荷対応いたします。

※休業日中のご注文・お問い合わせにつきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。

コンテンツ